英語教材i-smileはお得だった

英語の勉強っていつから始めるべきなのだろうか?

幼児教育にもネイティブの講師が関わるスクールが増えてきた。

実際に我が家でも子供たちが3歳になる前からスタートしている。

英語耳。

私はこんな表現を使って子供たちの成長を見てきた。

そして、私たちが学校で教育を受けていた頃に覚えたはずの単語も今や子供たちにチェックされるような状況になった。

発音がおかしい!

このスペールはこう発音するはず!

来んなことをまだ4歳の我が子が親に向かって伝えてくる時代。

私もそんな子供たちの覚えた英語に刺激を受けて、今からできる教材を探し始めていた。

英語教材i-smileのお得感

実際に英語に触れあう時間が少ない。

各家庭では多くの日本人夫婦では日本語を使う。

私はこの環境がそもそも子供が英語を話せる可能性を失わせるきっかけになっているのではと思っている。

もっと大人から子供まで一緒に楽しめる英語を使った内容を楽しむ事が必要なんだと。

そんな時に見つけたのが、i-smileでした。

家族のおでかけドライブに英語が増えた

車で聞こえてくる音は何?

この対象に音楽や映画ではなく、テレビ番組の地上波という声は多いのではないでしょうか?

幼児教育の番組や

親の都合で見たかった番組。

こういう内容が車の中で子供と同じ時間の中で最初から最後まで使われている。

でもその時間があったらもしかして必要な英語の情報が伝わるのかもしれない。

実際にアイスマイルはその可能性を見出してくれています。

何故そう言えるのか?

アイスマイルの商品の特徴は短編構成になっていること。

1つの内容はたったの15分。

その中に、会話に必要な情報がいろいろ詰まっている。

講師の先生だけではありません。

各種シーンにより、大人から子供までやってみたいと思えるような状況がいろいろ含まれている。

何気なく過ごす日常の中に、この場面を英語で表現してみるとどうなるのだろうか?

こんなことを意識してしまう自分たちがいる。

海外という事を考えない

いつも自然に英語に触れあう時間が増えれば当然言葉の上達も早い。

小さいお子さんがいる家庭には、日本語の本で読み聞かせをしている家庭も多いはず。

その時間が英語で流れる朗読になっていたらどうなっていたのだろうか?

睡眠学習なんて言葉もある。

実際に苦手と思わせるのはそれまでに使ったことがないから。

たったこれだけの気がしたのです。

だったら少しでも身に付ける前に自分が知りたいと思ってくれるポイントを増やす。

こういうきっかけづくりに私はアイスマイルを使っています。

大人の学習だけではもったいない

せっかく続けるなら、家族一緒に!

こんなことをやはり多くのパパママは考えてしまうかもしれない。

突然こんなことを欠いているブログを目にしても、やはりこのページを閉じた後には現実に戻ってしまうかもしれない。

まだ自分が楽しめるかどうかもわからない商品の事を書いている記事は怪しいと思うことのほうが多いと思います。

私もまさにその一人だったから気持ちはよく分かります。

どこか疑心暗鬼のようになってしまう。

でも結局は短い時間で単発のレッスンを繰り返す。

この流れが今のような多くの人が時間に追われる時代だからこそ必要になってきているような気がします。

ふとした時間をどう使うのか?

どうせなら自分一人が楽しむためではなく、家族みんなが何かのレベルアップになるような時間の使い方。

この方法として、語学を学ぶというのはとても良い刺激になるような気がしたのです。

大人は毎日しっかりと

やっぱり子供たちの方が集中した時の吸収率は高い。

大人はどこかで自分の今の状況に関係ないと思うと気が抜けてしまう。

だから学べる環境があっても子供ほど身を入れて集中できない。

だったら、大人は子供の倍の時間を使って吸収していけばよい。

私は海外ドラマが好きです。

仕事が終わったあとでも自分の気になる作品のシリーズなら45分を使ってもみたいと思える。

この時間があるなら、3つ分のシーンを実践できるんです。

直接会話に使えるかどうかわからないドラマを見るか?

それとも直接仕事や海外旅行に使える内容を見るか?

これって時間にゆとりを持っていない自分にとっては何度も迷う時がありました。

お試しでも良いからやってみて欲しいと思います。

きっとそのフレーズ1つを覚えただけでもかなり感動すると思います。

英語も結局は特徴を知ったら、徐々に力を入れなくても自然とスムーズに入ってくるもの。

授業で練習している時にも自分で調べたくなった内容は忘れていない事も多い。

でもわからないと思って聞いていた内容は頭から外れていく。

この集中勅の結果が今。

だったら、多数のやる事が重なった時間の中でどう15分が使われているのか?

このことに意識を向けたら最近のあなたの行動でも時間を無駄にしている事がありませんか?

私には好きな事がたくさんある。

でもそれらは本当に将来のために必要なのかを考えるとほとんどが違う。

だからアイスマイルを見つけて良かったと思えています。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です