自宅でホームステイ準備おすすめの方法

将来は海外で生活したいという声も増えている。

留学だけでなく、社会人になって海外転勤や単身赴任の命令が来る可能性もある時代。

子供から大人までいつの時期からでも簡単に手軽に始められそうな英語教材や英会話教室はインターネットで検索するとたくさん出てくる。

でも自分の英語力や会話に活かせるかどうかは不安が多い。

中でも以下のような悩みが多い!

リスニングが苦手な自分がどこまでできるようなるのだろうか?

オーストラリアやアメリカなど行く場所によって準備は違う?

現地に行くまでに少ない時間でマスターするには何が必要?

日本の中にいたら英語を必要としない。

そんな人でも次の勤務先が海外となったら?

当然現地で通じる言葉を少しでも自宅の中でマスターするためにおすすめの方法をご紹介していきます。

自宅でホームステイ準備に必要な学習条件

海外に行く前にまずは何を準備するべきか?

この答えとして、海外旅行などで滞在する時間の中で日本人が現地で困ることを想像するのが重要。

例えば、以下のような事例。

食事、住居に関する表現方法。

生活に必要な相談の内容

いくら学校で学んでいても、ニュージーランドやカナダなど英語を使う国でも多くの生活的イメージの違いがある。

何を学ぶべきなのか?

この答えとして、まず行く前に生活する上で必要な情報を国や地域の特徴を把握する事が大切。

初めての人はどうやって学ぶ?

語学を学ぶ事が学生の頃から嫌いだった人も多い。

でもそんな人が初めて海外に行った時にも場所を問わず不安を払拭するのは何か?

それはネイティブの英語だけではありません。

日本で英語を学ぶ時、思っている以上に表現力という対象に対して気をつける事が少ない。

プログラムの多くが文法。

この文法が間違っていたとしても伝えたい気持ちを体で表現することが出来る人とできない人がいる。

自分の対応も片言の時、何を思っているのかも顔に出さない。

これでは、いくら高校や大学で学ぶことができたとしても現地で今何を話すべきか緊張して口に出来ない事も多い。

もっと自分自身の対応を求められた時、実際にどんな表現方法を使っているのか?

この点を知る事も重要になってくると私は感じました。

ホームステイ前の準備はネット?DVD?

最近は、いろいろな通信教育の対応が増えている。

しかし、音声というのは、ネットを通じてマイクで話すようなことばかりではありません。

日常の会話とネットを使って通話を行うのは、もちろん聞こえてくる情報の量も異なります。

出来る限りネイティブのきれいな音声をききたいなら、編集されたDVD等の方が効果的。

なぜか?

イントネーションだけではありません。

その内容にきちんと音声が聞き取りやすい状況に仕上げてくれている。

これが実際に内容を知る上でも耳が慣れるために必要な情報となります。

試しに、音楽を1週間聴いてみるとわかりやすい。

音としてどこまで細かい内容が届くのか?

この答えは、ライブやコンサートとDVDでは大きく異なる。

ネット上の音質カットされた内容では便利だけど情報量が少ないと感じてしまう事が多い。

ホテルでの食事や色々なシーンで音が混在している際、本当にスムーズに聞き取れる耳になるのか?

この答えには、少しでも現実に近い音質でまとめられている事も重要なポイント。

自宅のホームステイ準備おすすめのグッズ

私が実際に使用しておすすめしたいのが、英語教材のi-smileという商品。

何がメリットなのか?

この点をご紹介していきます。

家族で見ても面白い

DVDが自宅に届いて初めて見る時って緊張しますよね!

でもその答えは、映像の中でのシーンで文化などを見やすいとどうでしょうか?

空間演出

その人たちの話す内容

想定されるシーン

こうした点が自分の語学留学の前に知りたいシーンが多いと慣れるという意味でも楽しめる。

普段は日本で同じ勤め先に車や公共機関を利用している一般の人が空港を目にしたら?

自分の行く先の生活を知って、普段どんな日常会話があるのか?

この答えを渡航する前にどこかをピックアップして調べる。

たったこれだけでも慣れが出てくる。

コミュニケーションの流れを知る

自分がその流れを自然に見ていられるような内容になっている方が助かります。

こういう機会はどこにでもあるかもしれない。

よくある質問に出てきそうなシーン。

こういう細かなショートカットされた内容を一通り網羅してくれているような内容なら?

まずはイメージが膨らむ。

これにより楽しいと思える環境が出来てくると思いませんか?

視覚と聴覚を刺激

見ている時間。

耳にしている時間。

2つでいろいろな勉強方法が存在する。

どちらの場合でも楽しめるのが一番重要になる。

車の運転中を想像してください。

ナビの画面を見ながら、音楽の音声のみを楽しむことも可能な時代。

こういう時とDVDの画面で視覚として楽しむことが出来る時間は、単純に繰り返しの復讐をしている流れになる。

まずは自分が興味を持ちやすい環境を選ぶ事が重要だと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です