英会話を自宅で学ぶのは大変?

海外の映画やドラマが好きな人も多い。

中には、字幕なしでも英語で楽しめる状態になったらかなりかっこいい!なんて想像している人もいる。

でも自分は英語も英会話も困ってしまうほど苦手。

大学生の頃には、友達が留学したなんて人もいる。

社会人になってからたまたま電話したら相手が海外で暮らしていた!

こんな時、どうやってそんな英語力をマスターしたのか興味津々。

でも同じことをすれば自分もかなり上達できるの?

不安を抱きながらも、いつかは自分も英語でコミュニケーションが取れるようになりたい!

こんな願いをかなえるためにはどうすればいいのか?

週末しか休みがない。

平日は夜遅く終電ギリギリまで仕事詰め!

子供がいてなかなか落ち着いた時間が取れない。

一人になる時間なんて限られている。

こういう時に英語教材関連の資料を眺めながら、何なら今の自分にできるのか?

そんな悩みにおすすめの商品をご紹介していきます。

今の生活習慣のままできる学習法

私も英会話ができるようになりたいと思っていました。

でも実際にしっかり勉強をした経験はありません。

私は単純に興味を持っただけだった。

でもいつしか習慣にしている間に徐々にしっかり通じる英語が話せるようなっていた。

こうなったのは、いくつかのポイントがあったと思います。

勉強する環境は耳

しっかり映像を見ようとか静かな環境で勉強しよう!

こんな気持ちになったことは一度もありません。

雑音の中でも大丈夫。

結局は、自分が意識していなくても自然に耳に入っている時間が長くなる事が大切だった。

ウォークマンやポータブルCDを片手に必死にプレーヤーを操作していた時代もある。

今はスマホ1台で音楽や映像も簡単に楽しめるようになった。

だからこそ、「ながら」の勉強法を活用できる。

通勤途中。

本を読みながら。

歩きながら。

こういうちょっとした時間に、日本語を覚えたのと同じように英語を耳に入れ続ける。

そして、何度もリピートする。

この繰り返しがいつしか勉強という考え方ではなく、自然に口にできるようになっていく。

最初から意味を理解する必要はない

私は音として感じる事がスタートラインだと伝えたい。

どんな国でも言葉を使っている現地の人はとても小さい時から慣れてきた言葉。

帰国子女などが英語を使って話せるのは、あくまで現地でちょっとでも多くの時間を英語で過ごしたからだと思う。

別にチャレンジするものではない。

10代から70代と幅広い世代で誰でも話せるようになる可能性はあると私は考えている。

なぜか?

最初から分からない状態でも子供が日本で生活していれば日本語を使えるようになったのと一緒だと思うから。

ある程度耳が慣れてくるといつしか意味も内容もその状況から判断できるようになっていった。

最初が少しでもわからないともう無理と諦める社会人は多い。

でもこれって本当にもったいない。

注意して聞く必要もない。

苦手な頃は、まずは少しでも英語に耳を傾ける。

これって、中国でもドイツでもフィリピンでもイタリアでも同じだと思う。

言語は学ぶのではない

日本語は難しい。

その言葉を日本でいっつも使っていたら当たり前のように使い分けができるようになっていく。

新しい言葉が簡単に加えられてしまう国で私たちは日常の生活に必要な単語を身に付けている。

英語の方が単語の数も文法もかなり少ない。

この特徴は多くの教材や環境で言われている。

つまりは、耳に入れるべき情報の量は日本語より英語の方がはるかに少ないと言える。

だから、基本とする内容を何度も聞き慣れる。

これがジュニアから社会人までに共通した学習法なんだと私は感じています。

英会話の基本を学ぶ時のポイント

自分以外の人が何を自分にどう伝えてくるのか?

自分自身がどう答えるのか準備をしていたとしても大変になるのが語学だと私は海外の生活を通じて感じた。

現地の表現がそのまま見える重要性

あくまで英語を学び、使えるようになるのが基本。

こう考えた時、現地でいったいどんな表現を多用するのか?

この内容を学び、受け答えを知る事が語学の学びでは大切になる。

こういう情報は、可能な限り短い方が良い。

情報が多すぎると疲れる

いくら好きな映画があるとしても何度も同じシーンを見て英語が分かるようになるでしょうか?

この時には、違うシーンを想像している自分もいるのです。

でもショートカットされているワンシーンなら?

そこまでしかないということを自分自身が知っているからこそ、一言一句の内容に耳を傾けることが可能。

どんな質問をしているのか?

どう答えるのか?

この1つのセットを繰り返している。

この方が学ぶ上では、かなり簡単になる。

そして、そのシーンがより自分の生活イメージに近い対象なら、もっと集中して見やすいですよね。

言葉って少しの違いがいろいろ分からない状態になる原因につながる。

英語も同じ。

単語が分からないというだけでもう個人の理解も判断も難しい状態になっていく。

でもその情報量が少しずつなら?

このポイントを仕事と同じように注意して取り組むことができれば難しくないのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です