英語教材i-smile学習時間目安

英語を勉強したいけど時間は多く取れない。

仕事が終わった後に英会話の勉強をするのは体力的にもきついかもしれない。

休日や仕事終わりに英会話教室に行く事が果たして続くのだろうか?

英語を勉強したいと思っている人も実際に自分の今の生活の合間を使って勉強するということに対して不安を持つケースもある。

内容が簡単でも自分の体力の方が心配。

何度も通うということに対して、時間を作るのが大変になりそう。

自分の今の状況と今後の予定は大きく変わる可能性もある。

転職や残業、配置転換など事情はいろいろある。

どうせなら話せるようになりたいと思っている人にとっては、勉強時間という内容も大きな心配要素。

だったら少しでも同じ時間を使う方法を考えていく必要がある。

私も同じことを考えていました。

その結果、アイスマイルという商品にたどり着いて本当によかったと思っています。

英語教材ismile勉強時間は15分

たった15分。

こんな時間でいったい何ができる?

こう思っている人は多いと思う。

でもいざ15分という時間を使ってみようと思ったら意外とその時間の中に何が起こったのかを覚えていない事が多い。

これはなぜか?

単純にそのことに興味や関心を持っていない事が多いからだと思う。

ただ聞いていた話。

ただ流れていた音。

こんな感覚で過ごしていた時間だからこそ、中身が入ってこない。

しかし、真剣に話し合いをしたり、話しの内容が面白いと思えた対象なら?

例えば、自分の好きな映画やドラマの続編や最新作の情報が出てきていたら?

その内容は短い番宣だったとしても、その瞬間に集中したことで長い時間覚えていることもある。

この時間の使い方が英会話という知らないことを覚えたい環境にも使われているのです。

子どもと同じ時間の使い方

実際に私も子供を育てていて感じたことがあった。

幼児向けの番組の時間はどのくらいなのか?

試しに番組表などを一度チェックしてみると面白い。

子どもがテレビを見始めてから、飽きるまでの時間。

この観察をしていると、意外と20分以上流れている内容を聞いていられることは少ない。

流れている音声が日本語でも英語でも差がないのです。

実際に自分にとって見ている内容が少しでもわかることが紹介されていたら?

この時には、自分に興味があったら、短く感じる事もある。

子供が何かを学ぶ時と大人が誰かから知らない話を聞かされるのとは同じだと思得てくるのです。

興味がない、知らない、わからない。

この3つに対しては、数分時間が経過した後の状態でも眠くなっている人がいる。

このような経験が自分の身でも覚えがあるなら、たった15分を毎日。

このハードルの低さが大切になる。

これだけ短いなら、わからないことだからこそ、続けやすいと思えると思います。

日本人と会話しても疲れる時代

相手の顔色を気にする。

相手の反応が気になる。

自分が何を言っていても常に自分の言葉よりも相手の反応が先に気になる人が増えている時代。

ある意味、社交辞令ばかり。

自分の言いたいフレーズすら口に出来ない。

言ったら関係が悪化するかもしれない。

こんなことに気を遣っている時間は苦痛でしかない。

そして、相手の言っていることにもあまり興味を持つことが出来ない。

このような時代の特徴があるからこそ、自分の興味を持つ語学の勉強を実践する時にはどうだろう?

そもそも人の話す内容に興味を示すだろうか?

こういう考え方が必要になってくる。

でもこの考え方を単に英語を学ぶために聞いていると完全に割り切って考えたらどうだろう?

知りたいと思うから参加したという人にもハードルが高い内容ならついていけないから飽きる。

その時間はどのくらい?

だいたい10分から15分のはず。

こういう今の時代の人間関係に疲れやすい人が増えた時代だからこそ、15分の実践を繰り返すことはかなり有効的な方法だと私は感じてしまう。

気持ちの切り替え時間にも活用

あくまでアウトプットをするまでの実践は難しいかもしれない。

でも聞きながら少しでも聞き取れた内容を書き出す。

この程度の時間を使うなら、15分の講座プラス10分もあれば実践が可能。

たったこれだけでいいのです。

大学に行って講義を聞き続けるほどの苦痛も感じない。

少し時間が空いたからやってみた。

こんなノリのようなレベルで徐々に力がついていく。

1回の再生に慣れる。

自分が少しでも時間が空いたら何をしている?

この答えを自分なりに考えてみてほしいのです。

なんとなくスマホを見て過ごしている人も多いはず。

でもその時間があれば、英語を学ぶことが出来ると思ったら?

勉強するための時間と言われたら重たいしハードルが高い。

でも15分を効率的に活用する方法と考えたら?

この時点でかなり時間への考え方も見え方も変わってくると思います。

あなたには何か目的がありますか?

もしその未来を目に見えるカタチにしたいと思っているなら、少しでも隙間時間を使うことに慣れることをおすすめしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です