英語教材i-smileと社会人生活

社会人向けの英語教材ってどうやって選ぶ?

レベルに合わせた探し方なんてわからない。

難易度が高いとか難しいと思うと続かないかもしれない。

教材でもレッスンでも始める前には不安が多い。

社会人になってからの今の生活で何ができるのか?

こう考えると、自分の仕事における時間、お金、体力という3つの要素が必要なことに気が付く。

私が実際にアイスマイルという教材を購入した理由をご紹介しています。

英語教材アイスマイルと社会人生活

学生時代と社会人ではいろいろ違いが出てくる。

仕事をしている。

ただこれだけのことでも先ほどご紹介したように、学生の時とは自分の気持ち的な余裕が異なる何かがある。

特に、最近は仕事を辞めたいと悩む人も増えている。

そういう時代でも少しでも英語のスキルを上達させたいなら何に注意するべきか?

自分にこれ以上負荷をかけない

日本で生活をしている環境の中で、ほとんど英語を耳にしない人もいる。

会社の中で英語を話すことが常識になっている会社もある。

この両者が同じ情報を欲しているわけではありません。

そして、その環境に自分自身はどう感じているのか?

ここは日本なんだから、日本語を使ってほしいと願う人もいる。

グローバル化しているなら、英語が標準になっても不思議はないと思っている人もいる。

でも実際のスキルは同レベルだったとしたら?

必死に覚えなければいけないと思ってしまった時点で、ストレスになる。

勉強というのは、やっていて楽しいと思えたことは実際本当によく覚えている。

しかし、覚える理由が分からないとか必要性を感じないと思っている人にとっては、何も頭に入らないのも現実。

自分が何かを使って学ぶという時には、まず始める前に自分を追い込まない内容を探す事が重要。

嫌になる。

嫌いになる。

避けるようになる。

このように、自分にとってストレスになる内容には、時間の経過に伴って対応がどんどんお粗末になっていく。

そして、その存在そのものが邪魔という感覚にすら変わってくる。

社会人生活に支障を与えない

結果として、話せるようになる目的がある人には何が必要なのか?

この場合は、あくまで自分の社会人生活に負荷をかけないような方法を選ぶ事が重要になる。

習い事を始めることそのものが本業に影響を与える可能性はある。

例えば、以下のような内容がその典型例。

睡眠時間を削る。

生活リズムが乱れる。

対応に追われる。

自分にとって始める前には簡単と思っていたことも実際にちょっとやってみたらもう無理と思うような事柄も多い。

今回のアイスマイルという商品は、正直これまでの英語の学習法とは大きく違う新しい点がある。

それは、15分の学習法に基づいて作られている点。

新しい語学を学ぶという考え方だけではないかもしれない。

いろいろな資格の試験や勉強に必要な考え方としてこれからの時代には広がっていくのかもしれない。

むしろ、私個人としてはひろがってほしいとさえ思えてきた。

先生の話を聞くという感覚よりも何度も聞けるから自然と身に付く。

こういう方法なら、苦手な分野でも覚えられる気がしました。

毎日やれるかどうか?

日本語も新しい単語は、何度も聞かないと思い出せない事が多い。

流行語

新しい商品の名前

毎日口にしない名前

こういう対象は、いくら自分と同じ職場にいる人や物でもとっさに思い出せない事もある。

どこの言葉も同じだと思う。

学校で英語を学ぶ時とは少し違う。

カリキュラムに沿っての学習というよりも、その声を何度も聞く。

この繰り返しにより自然にインプットされていく。

いつしか、知っている言葉の1つとして認識されて、使えるようにもなっていく。

これって、ある意味日本語を口にしていることと同じ原理だと思いませんか?

必要以上に詰め込まない

一定の知識が早く欲しいと思う人は詰め込む学習をするケースもある。

もちろんこれで全てが頭に入るなら良いのかもしれない。

でも結局その場だけですぐに忘れてしまうのでは意味がない。

私もまとめて学習するのは苦手なタイプ。

だから、何度も繰り返して続けることを大切にしている。

意識しなくても自分で誰かに伝えることが出来るようになる。

これが自分の理解度を確認するための1つの確認方法。

つまりは、ペラペラとは言わないが、気になった一文程度は文法も発音もマスターした段階が自分の実力がついた時だと思っている。

この状況までたどりつくにはどうすればいいのか?

この答えは、意識する必要がないくらいにずっと同じ内容を行っていく。

単純に子供が着替えや歯磨きを習慣化する流れと同じだと思っているのです。

この考え方からしたら、社会人に対して、アイスマイルという商品で英語をマスターするというのもうなづけるはず。

人を選ばず進めやすい。

スキルとかレベルではない。

とにかく自分の生活にスムーズに取り入れやすい。

こういう商品を選ぶことが情報を比較する上で大切になるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です